「自分を必要としてくれている会社」就職活動で軸としていたこと【Next C.T.L -メンバー全員、自己紹介させてください-】

Pocket

こんにちは!
入社1年目の6代目らっきょうと申します!

去年の今頃は、まだ学生だったのかと思うと
入社してからの月日が経つのがとても早く感じます…

学生時代について

間もなく入社して1年が経とうとしている私ですが、
学生時代は、大学の情報学部に通い「スポーツ×IT」をテーマに、
様々な視点からITをスポーツの世界に持ち込むことに取り組んでいました。

就職活動について

情報学部に通っていたこともあり、就職活動はIT企業に絞って行っていたので、
悩んでいたことは、地元で就職するか、東京で就職するかということでした。
そんな中あるスカウトイベントでコンピュータ技研に出会ったのですが、
その時に私が感じたことは「東京にはこんなに元気な企業があるのか!」ということです。
(地元にも元気な企業はたくさんありますが。)

ここで私は東京で就職することを決意しました。
さらにイベントで評価して頂いたことがきっかけで採用試験に進むことが出来、
面接等を重ねた結果、採用していただきました。

コンピュータ技研に決めた理由

私はその他の企業でも就職活動を行っていましたが、
コンピュータ技研に決めた理由は「1番最初に内定をいただいた」これに尽きます。
そんなことで決めてしまったのかと思うかもしれませんが、
「自分のことを必要としてもらえる」ということを最も大事に就職活動を行っていたので、どの企業よりも早く内定を出して頂けたことは、自分の中ではとても大きく響きました。

人それぞれ企業を選ぶ理由は様々あると思いますが、
何を1番大事にするかを強く持っていると、企業選びで悩んだ際に決断しやすくなると思います。

企業側からしても学生側からしてもお互いのことは数回の面接と資料だけでは深いところまで理解することは難しいです。
そんな中で私に2億〜3億円の投資(サラリーマンの平均生涯所得)をして頂いたわけですから、採用する側としても簡単な決断であるはずがありません。
そんな決断をして頂いた思いに私も応えようと思っています!!

結果として良い社員の方々と良い同期に恵まれ、刺激ある毎日を送ることが出来ています。
この約1年で様々な経験をしましたが、まだまだ成長をするために新しいことにどんどん挑戦していきたいと思っています!!