建築業界の営業マンからIT業界へ。畑違いでも入社を決意できた理由【Next C.T.L -メンバー全員、自己紹介させてください-】

Pocket

初めまして!システムソリューション課のマサナリです。
今回のブログテーマは自己紹介ということで、早速書いていきます。

学生時代について

大学での専攻は経営情報学部という学部に所属し
文字通り経営に関することや情報処理について勉強しておりました。
それらを学んでいく中で、ある考えにたどり着きました。

それは、お客様が求めているモノ・気付いていないが、
「有れば便利だ」と思うモノ
をオススメできる人財になりたいというものです。

自分がやりたい仕事は、販売職か営業職かで迷っていましたが、
積極的にお客様に提案をしていき、会社のビジネスを拡大させることができる
営業職になりたいと思うようになっていきました。

就職活動について

次は就職活動についてです。実は僕、中途入社なんです(笑)
新卒の就職時は、縁あって建築関係の営業を務めていましたが
もっと幅広く世間と繋がりたいという思いからIT業界に転職したい、と考えるようになりました。

実際に前職の建築現場でも、工事の進捗度や現場で起きた問題を社内で共有できる
現場管理ツールや、建築資材の数量を管理するツールを使用していました。

建築業界に限らず、例えば小売業界などでもPOSレジを使用することで
売れ筋の商品の把握が可能になったり在庫管理がしやすくなったりしますよね。
ITツールの導入はメリットが多いケースばかりです。
この様にITの可能性は多様化しており、自分の身の回りでも使用されている、
身近なモノであると感じ興味を持ち始めたので、IT業界への転職活動を始めることにしました。

コンピュータ技研に決めた理由

最後に数ある会社の中で、何故コンピュータ技研を選んだかについて書いていきたいと思います。

それは、面接の際に関わって頂いた社員の方がとても良い人たちだったからです。
実際に言って頂いた言葉の中で「俺が一から教えていくから、一緒に頑張っていこう!」
とても力強く言って頂けたのが、自分としては安心できました。

次は後輩たちに対して、自分がその言葉を言える存在になりたいです。
以上が、私の自己紹介となります。お読みいただきありがとうございました。