チームでゴールにたどり着くためには?【入社後、挫折したエピソード】

Pocket

「その考え方、良くないですからー。ざーんねーん!!」

あ、どうも。
「忘れないで、ギター侍」です。

今回のテーマは、「入社後に挫折したこと」。

挫折というとなんか人生の転機とか思いがちですが、
日々仕事してると価値観変わる出来事も起こります。

それまでのやり方でなく、違うやり方を模索して変えていくみたいな。
大小あれど、これも挫折の経験だと思うんです。

ある日、任されたプログラムを改修をして、「今回もバッチリでしょ!」とテストしてみたら、
全然うまく動かなかったんです。

おかしいなー。なんでだろう。
調べてもわからないまま、これがグルグル回りました。

その後もずっと、あれでもないこれでもないと調べ続け、
いよいよ納品間に合うか?って状況になってしまいました。。。

その時は上司に叱られました。
「なぜもっと早く言ってこなかったのか」と。

その言葉の真意はいたってシンプル。
「もっと頼れ!」です。

その時の私は、「自分に任された仕事を自分の手できちんと終わらせる」ことだけを考えていました。
周りを頼る思考はありませんでした。

ここがポイントです。

どの業界もそうかもしれませんが、基本的にチームで仕事にあたるので、
仕事の完遂にあたって大切なのは、「チームでそこにたどり着く」ことで、
必ずしも私個人で到達することではないのです。

だから、一人で悩んで立ち止まってる構図は、
チーム視点で見ると「仕事してない」と同義です。

厳しいと思うかもしれませんが、一人ひとりに求められるのは、
できないならできないなりに誰かを頼るとか、
或いは「この今の瞬間は、これは自分には攻略できない」という判断を下して、
その仕事を丸ごと上司やメンバーなどにお願いしてチームで完遂に導くとか、そういった対応です。

できないというと逃げてるように見えるかもしれませんが、
立派な責任を果たす行為です。

結果、その仕事は上司のサポートをいただいて、無事に納品を迎えました。

この経験で、それまでの「任された以上は自力で!」という考え方から、
もちろん難易度に応じてですが、「止まったら誰かに聞く!」という事を改めて癖づけました。

「悩んで止まるくらいなら、先輩頼って進めようぜ! 斬り!!」
ジャカジャーン

ではまた!